高リスク高血圧患者の降圧目標

Final Report of a Trial of Intensive versus Standard Blood-Pressure Control

SPRINT Research Group et al.N Engl J Med..

文献はこちらです。

背景

以前に報告された標準的かつ集中的な収縮期血圧制御のランダム化試験では、いくつかの転帰イベントに関するデータはまだ裁定されておらず、試験後の追跡データはまだ収集されていませんでした。

方法

心血管疾患のリスクが高いが、糖尿病または以前の脳卒中がなかった9361人の参加者を、集中治療目標(収縮期血圧<120 mmHg)または標準治療目標(収縮期血圧<140 mmHg)に準拠するようにランダムに割り当てた。primary endpoint は、心筋梗塞、他の急性冠症候群、脳卒中、急性非代償性心不全、または心血管系の原因による死亡の複合だった。介入期間の終わり(2015年8月20日)までに発生した追加の主要転帰イベントは、一次分析のためのデータロック後に解析された。また、2016年7月29日までの試験後の観察追跡データを分析した。

結果

追跡期間中央値3.33年で、試験中の主要転帰率と全死亡率は、標準治療群よりも集中治療群で有意に低かった(一次転帰率、1.77%/年 vs 2.40%/年;ハザード比 0.73; 95%信頼区間[CI] 0.63〜0.86;全死亡率1.06%/年 vs 1.41%/年;ハザード比 0.75; 95%CI  0.61〜0.92)。低血圧、電解質異常、急性腎障害または失神、失神などの重篤な有害事象は、集中治療群で有意に頻度が高かった。試験と試験後の追跡データを組み合わせると(合計3.88年)、治療効果と有害事象について同様のパターンが見られた。しかし、心不全の発生率はグループ間で差はなかった。

結論

ランダムに割り当てられた治療と試験後、心血管リスクが高い患者では、収縮期血圧を120 mmHg 未満に設定すると、収縮期血圧を140 mmHg 未満に設定するよりも、主要心血管イベントの発生率が低くなり、すべての原因による死亡率が低くなった。いくつかの有害事象の発生率は、集中治療群で高かった。

感想

心血管系リスクの高い患者に対して血圧は120mmHg 未満の方が死亡率は低くなる結果であった。有害事象が多かったことを考えると、心血管系リスクをきちんと評価してから血圧目標を定めるべきと思われる。

今回の文献での対象患者は

  • 50歳以上で降圧薬治療の有無にかかわらず、収縮期血圧が130〜180 mmHg
  • 心血管疾患、慢性腎臓病[eGFR 20〜59 ]
  • Framingham心血管リスクスコア15 %以上
  • 75歳以上

となっている。

そのほかにもADL等他基礎疾患を含め、外的妥当性を意識した患者個々の適応を考えながらの降圧目標の検討が実臨床では必要。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA