非アルコール性脂肪肝における肝硬変のRisk Factorとは?

性別

fibrosisと性別に関連性はみられなかった。ただ、横断研究では閉経前の女性は男性、閉経後と比べてfibrosisリスクは低かった。

人種・民族

ヒスパニック系は白人と比較して肝障害を認めやすかった。アジア人は重い肝細胞障害をきたしやすい。

年齢

横断的研究では、年齢を重ねるほど重度のfibrosisと関連している。ただ年齢はfibrosisに関連していなかった。

代謝

糖尿病、肥満はfibrosisの悪化に影響した。BMIの増減は脂肪肝の増悪と相関していた。血糖コントロールの改善はfibrosisの改善と関連していた。メタ解析では、高血圧はNAFLDの場合はfibrosisに関連していたがNASHとは関連していなかった。

組織学的要因

脂肪肝の程度は、NASHの疾患の進行を予測しなかった。炎症の程度は、fibrosisの進行と関連していますが、single コホート研究では関連していなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA