運動、GLP-1受容体作動薬、またはその両方を組み合わせて健康的な減量が可能?

Healthy Weight Loss Maintenance with Exercise, Liraglutide, or Both Combined

Julie R Lundgren et al. N Engl J Med. .

文献はこちら

背景

減量後の体重の回復は、肥満の人の治療における主要な問題です。

方法

ランダム化比較プラセボ対照試験では、糖尿病を患っていない肥満の成人(BMI 32〜43)を登録しました。 8週間の低カロリー食の後、参加者は4つの戦略のいずれかに1年間ランダムに割り当てられました。中程度から激しい強度の運動プログラムとプラセボ(運動グループ)、リラグルチド(1日あたり3.0mg)と通常の活動(リラグルチド群)による治療、運動プログラムとリラグルチド療法(併用群)、プラセボと通常の活動(プラセボグループ)の4つのグループです。事前に指定された仮説のエンドポイントは、治療意図のある集団における体重の変化(primary endpoint)と、無作為化から治療期間の終わりまでの体脂肪率の変化(secondary endpoint)でした。事前に指定された代謝の健康関連のendpointと安全性も評価されました。

結果

8週間の低カロリーダイエット後、195人の参加者の平均体重は13.1kg減少しました。 1年後、すべての積極的治療戦略により、プラセボよりも大幅な体重減少が見られました。運動群の差は-4.1 kg(95%信頼区間[CI]、-7.8〜-0.4; P = 0.03)、リラグルチド群では-6.8 kg(95%CI、-10.4〜-3.1; P <0.001)、併用群では-9.5 kg(95%CI、-13.1〜-5.9; P <0.001)、併用による介入は、運動よりも大きな体重減少をもたらしました(差、-5.4 kg; 95%CI、-9.0から-1.7; P = 0.004)が、リラグルチド(-2.7 kg; 95%CI、-6.3から0.8; P = 0.13)では体重減少効果はみられませんでした。併用による介入では、体脂肪率が3.9パーセントポイント減少しました。これは、運動グループ(-1.7パーセントポイント; 95%CI、-3.2〜-0.2; P = 0.02)およびリラグルチドグループ(-1.9 percentage point; 95%CI、-3.3〜-0.5; P = 0.009)の減少の約2倍でした。併用による介入のみが、HbA1cレベル、インスリン感受性、および心肺フィットネスの改善に関連していました。心拍数の増加と胆石症は、併用群よりもリラグルチド群でより頻繁に観察されました。

結論

運動とリラグルチド療法を組み合わせた戦略は、どちらかの治療単独よりも健康的な減量の維持を改善しました。

感想

GLP-1受容体作動薬、運動療法の組み合わせにより、胃切除を行わなくても肥満を治療できる時代がすぐそこまできている。米国ではすでにGLP-1受容体作動薬は非糖尿病肥満者に認可されており、今後日本でも抗肥満薬として主流になってくる可能性はあるかも!今後に期待!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA