日本人の塩分摂取源は?

Sodium sources in the Japanese diet: difference between generations and sexes

Keiko Asakura et al.Public Health Nutr.2016 Aug.

文献はこちらです。

目的

世界的にほとんどの人のNa消費量はWHOの推奨を上回っています。効果的であるために、減塩プログラムはNaの食事源の評価を必要とします。ただし、方法論の難しさのため、包括的な評価はまれです。ここでは、Na源の説明のために特別に設計された4日間の食事記録を使用して、日本の食事中のNa源を特定しました。

デザイン

横断的研究

対象

20〜69歳の明らかに健康な男性(n=196)および女性(n=196)

設定

被験者は日本の47都道府県のうち23都道府県から募集されました

結果

総ナトリウム摂取量に占める任意のナトリウム摂取量の割合は、男性で52.3%、女性で57.1%であり、若い被験者で有意に低かった。 Na摂取に寄与する2つの主要な食品グループは、塩またはしょうゆ(男性の総Na摂取量の61.7%、女性の62.9%)と魚介類(男性の6.7%、女性の6.6%)などの調味料でした。3番目の主要な食品は男性と女性で異なっていました(男性は麺: 4.9 %、女性はパン: 5.0 %)。さらに、総Na摂取量に対する各食品グループの寄与は年齢グループ間で異なっていました。

結論

Na摂取量を減らすための個々の努力は依然として重要ですが、加工食品中のNa含有量を減らすための人口アプローチも同様に重要であり、食生活の急速な西洋化に直面しているアジアの国である日本でも、将来さらに重要になるでしょう。

感想

日本人の塩分摂取源となる食品は主に醤油や魚介類調味料、麺類、パンという結果であった。

中でも食塩、醤油はダントツ!

調理の際可能な限り塩の使用は減らし旨味や旨味など他の味を使ったりする工夫が必要と思われる。

意外にパンは漬物と同量の塩分が使用されているといわれており高血圧の原因になりえます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA