ライフスタイルへの介入は健康になることにおいて効果的か?

Association of the National Health Guidance Intervention for Obesity and Cardiovascular Risks With Health Outcomes Among Japanese Men

Shingo Fukuma et al.JAMA Intern Med..

文献はこちらです。

重要性

肥満と心血管リスクは、主要な公衆衛生上の問題になっています。ただし、肥満と心血管リスク要因に対する人口レベルのライフスタイル介入が人口の健康転帰の改善に関連しているかどうかに関するエビデンスは限られています。

目的

日本における国民健康指導介入と集団健康転帰との関連を調査すること。

デザイン、設定、および参加者

このコホート研究では、2013年4月から2018年3月に日本の全国健康診断プログラムに参加した40〜74歳の男性を含む回帰不連続設計を使用しました。

曝露

全国健康指導介入への割り当て(毎年の全国健康スクリーニングプログラム中に1つ以上の心血管リスク因子を伴う85cm以上の胴囲を有することが判明した個人に対する健康的なライフスタイルおよび適切な臨床フォローアップに関するカウンセリング)。

主な結果と対策

スクリーニング後1〜4年の肥満状態(体重、肥満度指数、ウエスト周囲)、および心血管危険因子(血圧、ヘモグロビンA1cレベル、および低密度リポタンパク質コレステロールレベル)の変化。

結果

スクリーニングの1年後、74693人の男性(平均[SD]年齢、52.1 [7.8]歳、平均[SD]ベースライン胴囲、86.3 [9.0] cm)のうち、健康指導介入は体重(調整後の差、 -0.29 kg; 95%CI、-0.50〜-0.08; P = .005)、BMI(-0.10; 95%CI、-0.17〜-0.03; P = .008)、および胴囲(-0.34 cm ; 95%CI、-0.59〜-0.04; P = .02)の減少と関連していた観察されたガイダンス割り当ての関連性は時間とともに減衰し、3〜4年目までに有意ではなくなりました。また、参加者の収縮期血圧、拡張期血圧、ヘモグロビンA1cレベル、または1〜4年目のLDLコレステロール値において健康指導介入は特に変化をもたらさなかった。

結論と関連性

日本の生産年齢の男性の間で、全国的な健康指導介入は、臨床的に意味のある体重減少または他の心血管危険因子の減少と関連していませんでした。肥満と心血管の危険因子を改善するのに効果的なライフスタイル介入の特定の設計を理解するために、さらなる研究が必要です。

感想

栄養指導などの介入が患者にどのような影響をもたらすかを調べた研究。結果は、心血管系リスク因子となる血液検査の項目や血圧には影響なしとのこと。1人1人の生活に直接つながるくらいに介入しないといい効果はでないか。交絡因子もいろいろありそう。

疾患予防のため患者への知識共有、介入はかなり大事になる部分なので今後もこの手の研究に期待して自分の臨床につなげていきたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA