ボノプラザン(タケキャブ®︎)は胃潰瘍に効果的か?

peptic ulcer disease(PUD)の2つの主な危険因子は、H.pylori感染高リスク患者におけるNSAIDsの使用です。 20世紀の最後の数十年で、PUDの発生率は、PPIなどの効果的で強力な酸抑制剤の合成とH.pyloriの発見という2つの重要な進展があり減少し始めました。

[st-kaiwa3]

今回はボノプラザンについてshort reviewをもとに述べていきます。

[/st-kaiwa3]

しかし、H.pyloriの検索と根絶が進んでいるにもかかわらず、それでもアジアの成人人口の最大20%に影響を及ぼしています。NSAIDsおよび/またはアスピリンの使用に関しては、過去数十年間で、心血管疾患およびリウマチ性障害の発生率の上昇により、特に高齢者集団での投与の増加を認めました。

胃潰瘍に対するボノプラザンの効果

ランダム化試験では、脱落した被験者がいたためバイアスの可能性があったが胃潰瘍の治療においてランソプラゾールと比較してボノプラザンの非劣性(それぞれ93.5%と93.8%)が確認されました。内視鏡で確認された胃潰瘍または十二指腸潰瘍が少なくとも1つある20歳以上の患者を登録し、ランソプラゾール(30 mg)またはボノプラザン(20 mg)を8週間投与するように無作為化した。(H Miwa et al. Aliment Pharmacol Ther. 2017 Jan.

ボノプラザン(10mgと20mgの両方の用量)を用いた他の研究では、重篤な副作用がない状態で、長期のNSAIDを服用している患者のPPIと同様の結果が示されました。(Yuji Mizokami et al. Gut. 2018 Jun.)(Takashi Kawai et al. Gut. 2018 Jun.

したがって、10mgの用量のボノプラザンがこの適応症に対して承認されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA